自動車保険 仕組み

自動車保険の仕組み

自動車保険といっても自賠責保険、任意保険、対人、対物、人事傷害、搭乗者傷害、車両保険・・・というように普通の人が聞いたら分かりにくいと思います。これは車の保険に限らず、『保険』と名のつくものはすべて非常に分かりにくいですね。

 

そこで、こちらのページではまず基本的な仕組みをお伝えします。むずかしく考える必要はありませんよ。イメージだけ持ってもらえればOKです。

 

では、早速見てみましょう。

 

大きく分けると”自賠責保険”と”任意保険”に分かれる

自動車保険(車の保険)というのは大きく分けると、

 

  • 自賠責保険
  • 任意保険

 

の2つに分かれます。2階建ての建物というイメージです。

 

自賠責保険というのは国が運営している保険でいわば”強制保険”。一方、任意保険というのはその名のとおり”任意”で民間の損害保険会社が提供している商品になります。ただ、一般的に自動車保険(車の保険)といえば、任意保険のことを指していることがほとんどですね。

 

では、それぞれの保険についてもう少し見ていきましょう。

 

自賠責保険ってどんな保険なの?

先にも言ったように、自賠責保険というのは強制保険になり、加入しなければ車検を受けることもできません。そして、この自賠責保険は何を補償するためのものなのか??というと、被害者救済のための保険になります。

 

相手が絡む事故を起こしてしまい、その相手が死亡したときやケガをした場合にのみ支払われ、あくまで相手(人)に対してしか支払われません。なので、相手への財物(モノ)に対しては支払われないということになります。

 

自賠責保険の補償内容(限度額)です。

ケガの場合

120万
(治療費、看護料、諸雑費、通院交通費、義肢等の費用、診断書等の費用、文書料、休業損害、慰謝料)

死亡した場合 3000万
後遺障害の場合

75万〜3000万
※常時介護を要する場合(第1級)は4000万
※随時介護を要する場合(第2級)は3000万

 

任意保険ってどんな保険なの?

自賠責保険が被害者に対しての補償に対し任意保険は相手への補償をはじめ、自分自身への補償や車の修理費用を補償するものまで補償の範囲が非常に幅広くなります。

 

また、相手への補償額も自賠責保険は限度額があるのに対し、任意保険は無制限という形で補償できるところも大きな違いですね。(車の修理費用などは限度額があります。)

 

それぞれの補償範囲の違いはこんな感じですね。

 

 

 

自賠責保険

(強制保険)

自動車保険

(任意保険)

相手方への補償

ケガ・死亡

車・モノ

×

ご自身への補償

ケガ・死亡

×

車・モノ

×

その他

保険会社の示談代行

×

ロードサービス

×

 

このように、まず自動車保険というのは2段構造になっていて、それぞれの役割も異なるということを覚えておきましょう!

 

では、次に任意保険の中身を簡単に見てみましょう。冒頭、言っていた、対人、対物、人身傷害、搭乗者傷害、車両保険というのはすべてこの任意保険の補償内容の話になります!

 

任意保険の構成

任意保険というのは大きく分けて、

 

  • 身体への補償(対人賠償)、
  • 財物への補償(対物賠償)、
  • 自分自身(同乗者)への補償(人身傷害、搭乗者傷害)、
  • 自分のお車への補償(車両保険)

 

の4つで構成されています。では、それぞれ見ていきましょう。

 

対人賠償

自動車事故によって他人を死傷させ、法律上の損害賠償を責任を負われたときの補償。

簡単にいうと、自動車事故の際に他人にケガをさせたり死亡させたときにその相手に対して補償しますよ!というもの。ただし、まずは自賠責保険から優先的に支払われるため上記の自賠責保険の補償内容の限度額を超えた場合に任意保険の対人賠償で支払うという流れになります。

 

つまり、自賠責保険で不足する部分を任意保険の対人賠償がカバーするというイメージです。

 

対物賠償

自動車事故により他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負われたときの補償。

これも簡単にいうと、自動車事故で他人のモノを壊したときにそこを補償するよ!というものです。対人は自賠責保険があるのに対して、対物賠償は最初から任意保険のほうから支払われます。

 

人身傷害、搭乗者傷害

人身傷害と搭乗者傷害の大きな違いは『実損払い』『定額払い』の違いになります。

 

搭乗者傷害(搭傷)

搭乗者傷害・・・ご契約の車に搭乗中の方が自動車事故で傷害を被られたときに定額で補償。

保険会社によっては生命保険(医療保険)のように、入院したら1日○○円、通院したら1日○○円みたいな補償を残しているところがありますが、現在多くの保険会社が『部位・症状別払』という形をとっていて、体の部位によって支払われる金額が設定されている(一律)という内容です。また、『事故して5日以上通院すれば10万円支払われる』とかって聞いたことあるかもしれませんが、これも搭乗者傷害のお話です。

 

これらのように支払われる保険金が定額払いになっているのが『搭乗者傷害』というものです。

 

人身傷害(人傷)

人身傷害・・・ご契約の車に搭乗中の方が、自動車事故で死傷されたときの損害を補償。

人身傷害というのは搭乗者傷害の定額払いに対して実損払い。

 

自動車事故を起こし自分自身や同乗者の方が死傷した場合、治療費、休業損害、逸失利益(命の値段)、葬儀費などが発生します。また、相手がいる自動車事故の場合は大抵、過失割合というものが発生しますが、過失割合にかかわらず立替払いをしてくれるのがこの人身傷害の良いところです。

 

実際に相手がいる自動車事故の場合は過失割合が決定するまでに時間がかかってしまうケースも多いため、人身傷害は必ず付けておいたほうが良いと思います。ぶっちゃけ、搭乗者傷害はつけなくても人身傷害はつけたほうが良いと思います。示談交渉なども専任の担当社がすべてを引き受けてくれるのもありがたいところですね!

 

車両保険

ご契約の車が、事故で損傷したときの補償。

簡単にいうと、あなたの車の修理代を補償してくれるのがこの車両保険です。

 

自損事故の場合はあなたが100%悪いのですべての修理代金をこの車両保険でまかなうことができます。また、相手がいる事故の場合は、あなたの過失分の修理費用を車両保険でまかなうということになります。

 

過失割合が【60:40】で、あなたの過失が40だとします。このときに、あなたの車の修理代が10万円だとすると、あなたが負担しなければいけない金額は10万円×4割分=4万円(あなたの過失分40%)となります。この4万円の部分を補償するのが車両保険ということ。ちなみに、残りの6万円は相手の対物から支払われるということになります。

 

このように任意保険は上記の4つから構成されています。これに各社、特約(オプション)が準備されていて、それらを任意で選んで補償内容を決めていくという形になります。

 

特約(オプション)一覧

特約(オプション)は各社で異なりますが一応、主な(メジャーな)特約を下記にご紹介しておきます。当たり前ですが、特約(オプション)をつければそのぶん保険料は高くなります。

あれもこれもと特約(オプション)をつけてしまうと把握しきれず請求できる事案が発生しても請求忘れなどを起こす場合もあるので要注意です!

 

  • 他者運転危険補償特約(自動セット)
  • 友人・知人の車を一時的に借りて事故を起こしてしまった場合に自分の保険を使うためのもの。

     

  • 自損事故傷害特約(自動セット)
  • 自賠責保険が使えない自損事故の際に死亡保険金、後遺障害保険金、介護費用保険金、医療保険金が払うためのもの。

     

  • 無保険車傷害特約(自動セット)
  • 事故の相手が無保険で十分な補償を受けられないときに保険金が支払われる特約。

     

  • 弁護士費用等補償特約
  • 事故解決を弁護士に依頼するときにかかる弁護士費用を補償するための特約。

     

  • 個人賠償責任補償特約
  • 日常生活中に相手に損害を与えた場合に損害賠償金を支払える特約。

     

  • 自宅・車庫等損害補償特約
  • 契約の車で自宅車庫などを誤って損壊してしまった場合に使える特約。※通常の対物は自分の所有物に対しては支払えない。

     

  • 車両地震特約
  • ご契約の車が「地震・噴火またはこれらによる津波」による損害を補償する特約。

     

  • 対物超過修理費用補償特約
  • 事故の相手自動車の修理代がその車の時価額(その年式の車の評価額)を超える場合の差額を支払う特約。(これは必要です。)

     

  • 車両全損時諸費用補償特約
  • 事故によってご契約の車が全損になった場合に支払われる特約。廃車手続きや車の買替えに伴う諸費用程度の金額。車両保険金額の10%程度。

     

  • ファミリーバイク特約
  • 原付で事故を起こしてしまった場合、対人・対物賠償事故に対して保険金を支払うための特約。

     

  • 身の回り品補償特約
  • ご契約の車に積んでいる荷物を補償する特約。

     

  • 事故時レンタカー費用補償特約
  • 事故で修理が必要な際、修理期間中に手配するレンタカー代を補償する特約。車両保険を付けている場合など条件あり。

 

各種割引一覧

各種割引も特約(オプション)同様、各社で異なるものもあれば、各社共通のものもあります。

 

  • 長期優良契約割引
  • 前の契約が20等級でその保険期間中に事故がない場合、次の契約の保険料が割引される。

     

  • 複数所有新規契約割引
  • 1台目の車が11等級以上であれば2台目の車を7等級からはじめれるというもの。そのぶん保険料が安くなります。

     

  • 新車割引
  • 自家用(普通・小型)乗用車で、初度登録の翌月から25ヶ月以内であれば割引になる。

     

  • 運転者家族限定割引
  • 運転する人を家族に限定するときに適用される割引。範囲は配偶者、同居の親族、別居の未婚の子。

     

  • 運転者本人・夫婦限定割引
  • 運転する人をあなた本人と配偶者に限定するときに適用される割引。

     

  • ノンフリート多数割引
  • 3台以上の車をまとめて契約した時に適用される割引。(保険会社によっては2台以上でも可。)

     

  • ハイブリッド自動車・電気自動車割引
  • ハイブリッド車・・・車検証の「備考」欄に「ハイブリッド車」または「**式ハイブリッド車」と表示されている場合。

     

    電気自動車・・・車検証の「燃料の種類」欄に「電気」または「圧縮水素」と表示荒れている場合。

     

    上記の場合で、初度登録年月または初度検査年月の翌月から13ヶ月以内の場合は割引が適用される。

     

  • 福祉車両割引
  • ご契約の車が、消費税法に基づき、厚生労働大臣が指定する告示「身体障害者用物品およびその修理」に規定された消費税が非課税対象となる車に適用される割引。※車検証で確認できる。

     

  • ゴールド免許割引
  • 保険始期時点でき名被保険者の「免許証の色」が「ゴールド」の場合に適用される割引。(※次の免許証更新時にブルーになることが分かっていても契約時点でゴールドであればこの割引を適用することができます。)

 

まとめ

自動車保険の仕組みについてはいかがだったでしょうか?なんとなくイメージはできましたか?大きなイメージとしては強制保険(自賠責保険)と任意保険(自動車保険)に分かれるということです。

 

自賠責保険は国が運営する保険で補償内容も一律。これに対して民間の保険会社が提供する自動車保険は対人、対物、人身傷害(搭乗者傷害)、車両保険にくわえて独自の特約や割引があるということです。保険料と補償内容のバランスを見ながらどのような内容にするかを検討しましょう。

 

また、あわせて事故時の対応についても事前に調べておくことも大切なことだと思います。事故の対応が悪ければ何のための保険なのか分かりませんからね。これらのことを総合的に考えて検討するようにしてくださいね。

 

以上、自動車保険の仕組みについてでした。

当サイトでオススメする一括見積もり比較(インズウェブ)




>>インズウェブの「自動車保険一括見積もりサービス」


※見積もりは無料です。電話営業もないので気軽に利用できますよ(笑)